¥76<翡翠の首飾り>

随分と空白を置いての更新となります。

相も変わらず、モンスト三昧な日々を送っておりますあの麦です。

最近だと、ファイトリーグ、オセロニア、シノアリス、はねろ!コイキング、白猫など

なんか色々色々アプリやってます。

よくもまあこんなに出来るもんだと、やってみて改めて実感。

動画にするかどうかはわかりませんが、まあモンスト以外のアプリはエンジョイ勢を貫きます。

何より寝る時間がない、3、

よかったらご覧になってください、はねコイ動画。

 

22日の昨日、リリースとなったファイトリーグ。

課金アイテムとバトルやミッション報酬で得られるファイトマネーが今の所同一なので

ガチャを引く敷居は低いように見えました。

時間が経っても、新規ユーザーでも参入しやすい仕組みかな、と。

ツムツム本家のような感じですね。やりこめばやりこむほど、ガチャも引けるし。

同じキャラが被った時に上がる”センス”というものに関してまだ疎いので、あとで調べます。

ガチャ通貨のシステム、マベツムもそうすればよかったのに・・・。

あ、マベツムはなんか長い間ログインしなかったのでデータ消えちゃってました笑

 

話を戻します。

ファイトリーグ、1バトルの時間がどうしても長くなってしまうのが痛い所かなと思いました。

オセロニアもそうですが、対人戦はやはり負けない様に戦術を繰り広げる為、

1バトルがおよそ10分前後になってしまい、気軽かつインスタントに出来るゲームではないなという印象を持ちました。

また、モンストにおける5属性を5つのブランドとし、それぞれの世界観を持ってデッキを組めるのも魅力の一つだなと思いましたが

クィバタの様に、そのゲームやってたら誰もが知ってる!みたいなキャラが定着していく

もしくはさせていく様に仕向けないといけないのが運営の課題の1つでしょうか。

やっぱりそのアプリの顔って重要ですよね。

モンストならレッドドラゴン、オセロニアならウル・アドラメレク、シノアリスならアリス。

「ああ、あのキャラが出てるアプリね」というような認識が、

ファイトリーグに関してはアプリアイコンがかっこいいけど

どこか無機質なロゴである為に薄いorパンチがないかなあ、と。

バトルシステムに関しては、オセロの様に交互に駒を置いていくものではなく、

先手1手、後手2手の2手交互であるもので、非常に興味深い印象を持ちました。

まだ先手の置き方に慣れていないのですが、

なんか基本リーダーの近所か左右に置いときたくなるのは

自分の保守的な性なのでしょうか(´・ω・`)

攻撃力のあるキャラならまだしも、先手駒の攻撃力が低いと

なんか蚊が刺した程度のダメージしか与えられないので

やっぱり最初は守るべきなのかなあと思いましたが、

ブランドによって随分立ち回りは違ってきそうですね。

ちなみに自分は最初のガチャで銀→金演出があり、十八番街のUSキャラが当たってくれたので、

当面は十八番街デッキを駆使して戦うつもりです。

IMG_1790

タッグの組み方や、どのキャラがいい、この編成だと攻守のバランスが取れるなどは

今後プレイしていく中で見つけていきたいと思いました。

 

愚痴ります。

公式放送を見ましたが、実際のゲームプレイ行くまでに1時間かかり

しかもその間、ゲームシステムの説明をもったいぶってるのか実際のプレイ見てから言いたかったのか、えらく待たされてやきもきしました。

せっかちなのかなあと思ったのですが、「当店は10時からオープンですが、開店は11時からです!」みたいに言われてる気分でどうも…。

「前々からある人気アプリの公式放送なんですよ!」という様な刷り込みがしたいのか、なにやら欲張りな意図が見え隠れ。

K-1の様な賑やかで戦いの雰囲気でもなく、照明演出がある為に記者会見や株主総会の様な厳かな雰囲気でもなく、どういう演出をしたかったのか微妙でした。

今となってはプレイしてるのでルールはわかりますが、中の人の解説もよくわからないまま口早に説明がされていったので、どういうゲームなのかわからず終始唖然としか見ることが出来ませんでした。

MCに関しても有名な方を起用するのはいいのですが、もう少し客観的な立場と物言いではなく

ゲームに対して熱意のある方をキャスティング出来れば盛り上がったのかなと思いました。

リハ時間も短かったのかなあ…。機材トラブルか何か、第2部の開始も遅れてしまったようですし。

MCや解説がカメラの方向いたらゲーム画面見えないなんて当たり前のこと、現場の人間はリハで誰も気付けなかったのかなとね。

色々と準備不足が目立ったステージでした。

 

タカアンドトシ、GACKTなどのゲストがいるにも関わらず、その人の色を出すものではなく

「とりあえず有名人にゲームやってもらったらイメージアップ出来るし盛り上がるだろ」という様な理由だけで呼ばれてるなあ…って。

これなら誰でもいいんじゃないかなって、思いました、3、

某アイドルゲームアプリの某人気グループの元リーダーを期間限定のイメージキャラクターとして起用したあれのようでもないので、なおさら。

リリース前のイベントなので、プレイ時間浅めなのは仕方ないとはいえ

演者に演出を押し付けるようなステージは見ていてこちらとしても楽しくないかなあ、なんて。

それでも、「1週間徹夜でプレイした」とウソかホントか、それを信じてみたくなる言動とプレイだったGACKTや

惜しくも敗北してしまいましたが「GACKTさんには絶対勝つなと事務所に言われた」とボケツッコミをかますタカトシの返しには笑い、やっぱり芸能人すごいなあって思いました、3、

モンストのイベントもそうですが正直、イベントや生放送をする上でのわくわく感を演出するのがいつも下手だなと思ってみています。

第2回獣王戦や爆絶挑戦などのある、XFLAGPARK2017に期待して、ちまちまファイトリーグはやっていこうかと思います´¬`

愚痴が長くなりましてすみません。

 

さてそのモンストではパイレーツオブカリビアンコラボが始まっています。

クロ玉、ガンガン集めないといけませんが、金銀通常のジャックを極めようと思いますので

目標3000~5000個を集めて引きまくりたいと思います。

ユメ玉系のキャラも期間限定でもいいから自動合成はよ。

ヘンリーとカリーナの合成めんどそう(´・ω・`)

 

他のアプリもやること多めでそろそろキャパ超えてしまいそう…

機会と時間があれば、youtubeLIVEにてまったりとした放送枠を取るかもしれません。

 

今回は主にファイトリーグのことになってしまいましたが、

次回の記事はモンスト色多めにします。

 

 

¥あの麦¥